結婚式ではミセスは黒留袖・色留袖、ミスは振袖・訪問着などの着物を着用し、ハンドバッグはミセスは銀地・金銀のもの、またはビーズのもの、ミスは錦地・金銀のもの、またはビーズのものを用いますが、草履はミセス・ミスともに、バッグと組み合わせるようにします。 年始など改まった訪問をする場合のミセスの着物は、訪問着・付け下げ・小紋で、ハンドバッグは金銀あしらいのものやビーズのものを持ち、草履は中高薄色エナメルのものを履くようにします。 同窓会やクラス会、または入園や入学時の付き添いのときに着る着物は付け下げ・色無地・江戸小紋で、ハンドバッグと草履は、エナメルや皮のものを使用します。 法要は地味な色の着物で良いのですが、葬式・通夜のときには黒喪服・色無地、ミセスなら黒紋付羽織、ハンドバッグと草履は黒に統一します。 気軽な外出着としての着物には紬やウールなどがあり、ハンドバッグは皮や布の手さげ、草履は皮のものが良いでしょう。